Optimist European Championship Japanese Team Report

2004 オプティミスト級ヨーロッパ選手権 日本代表チーム
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
NEW ENTRIES
ARCHIVES
PROFILE
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
2004.8.13
いよいよ最終日
早朝より雨、海上には白波が立っていて、今シリーズ一番の強風となりました。
前日の帆走指示書の変更で、スタート時刻が11:00から10:30に変更。残すは男女ともに3レース。選手達はドライを着込みました。
前線の通過があるとの予報で、陸上待機、結局10:40過ぎの出艇となりました。

風向は50度、風速は平均10m、ブローで12〜13mぐらい。
男子は3レース、女子は2レースを消化しました。第1レース、市川くんがトップで廻航。あわやフィニッシュも、と思いましたが、4位。その後も10位台を確実にとり、最終14位で入賞(男子は20位まで入賞)となりました。
最終成績は、男子は168艇中、市川くん14位、田中くん45位、牟田口くん53位、横田くん81位、埼玉くん102位、女子は、100艇中、松下さん14位(女子入賞は10位までなので残念)鈴木さん21位、加佐原さん26位でした。

帰着後、大急ぎでチャーター艇の返却。「JAPANは、いつも大変丁寧に艇を使ってくれる」とのコメントも頂き、スムーズに。今までのNTの皆様方ありがとうございました。

夕食の後、20時にサンドハムにフェリーで渡り、閉会式がおこなわれました。14位入賞で壇上に上がる航平くんに拍手。全員大喜びです。おめでとう。
花火が上がり、5日間のレースの幕が閉じました。

今回のヨーロッパ選手権は、初日の微風から最終日の強風まで、あらゆるコンディションが揃い、小さい選手にも大きい選手にもチャンスがありました。また、練習からも含めて1日として同じ風が吹かず、アウェーの難しさを痛感しました。

ヨットはスポーツですから、結果がすべてです。数字としてはもう少し上位を狙えたかもしれません。反省点を整理し、次の目標をしっかり目指していきたいと思います。
しかし、数字だけではないその先にあるものに目を向ければ、何物にもかえがたいすばらしいものを選手も私たちも手に入れることができました。
この様な機会を与えていただき、OP協会を始め皆様方、ありがとうございました。
また、多くのアドバイス、ご支援、ご声援、ありがとうございました。
選手も私たちも、もう少し上を見てこれからも進んで行きたいと思います。

PS 期間中、下記のレースの案内がありました。
BERMUDA INTERNATIONAL OPTIMIST REGATTA 2004.12.19-22
Registration, Charter boat, Accommodation FREE
http://www.boda.bm

The Euromed Malta Championship 2004 2004.12.17-21
http://www.maltasailing.com

2005 Dubai Junior Regatta at Mina Seyahi 2005.1.23-30
http://www.dimc-uae.com

International Optimist Team Race in Venice 2005.5.19-5.22
Registration, Charter boat, Accommodation FREE
http://web.tiscali.it/rizzottisail/ (前回のサイト)
連絡先 Giorgio F. Lauro lauro.g@tin.it
- | 19:50 | - | -
スポンサーサイト
- | 19:50 | - | -

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"